お買い物用

自分で買うためのメモです。

なんでも検索できるので便利アフィリもできるし

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネーハンター 

昔も今も

弥生時代を迎えるまでの日本人の心の中にあった「神」という概念は一体どのようなものであったのだろう。神道の元にな
ったと言われる「自然崇拝」(アニミズム)は、勿論その第一義に挙げられる。大自然や暗闇や、人知を越えた自然現象に
対して恐れおののき、やがてそれらを「神」として奉(たてま)った縄文人達の心象世界は、今でも世界の未開民族の間に
しばしば見られるところである。古来より我が国では、「神」は至るところに在り(汎神論)、山や川、木や草、風や雨、
自然現象のあらゆるものが「神の技(わざ)」とみなされ、やがて山岳は「神々」のおわす聖域ともなっていく。(今でも
例えば奈良の三輪神社は三輪山そのものがご神体である。)この考えは現代にも形を変えて生き残っている。修験道などは
その典型であろう。これは縄文或いはその前代からの、我が国における原初宗教のなごりなのだ。


我々は今、神社の中へ入る前に手を洗い口をすすぐ。これは「禊ぎ」(みそぎ)である。「魏」の使者が「倭」に来て葬式
を見ているが、その書き残した所によれば、「埋葬が終われば家の者は川へ行って禊ぎをする。」とある。我が国では古来
から、「けがれを清める」ことについてはえらく熱心であり、今でも葬式から帰ったら家の中に入る前に塩をかけられる。
精進料理は「魏志倭人伝」の頃からある。喪に服している者は肉を食べないとある。つまり、汚れや穢れを身につけた者は
本来の姿ではないのである。「死」を見取った者は汚れており、「肉食」は穢れなのだ。2000年前に、既にこういう概念が
存在している。言い換えれば、我々の心の中にこういう概念は2000年以上住み着いているのである。

一方で、「自然崇拝」以外にも「神」の概念は成立していったものと思われる。縄文時代の末期頃には権力者を「神」と崇
(あが)める制度・慣習・概念が既に成立していたのではないだろうか。 弥生時代に入ってからの渡来人およびその子孫
達を「天津神(あまつかみ)」として奉り、渡来人以外の、縄文から続く権力者達を「国津神(くにつかみ)」と崇めたの
ではないだろうか。我が国の文献に残る数々の神話は、この頃の様子を書き残したもののように私には思える。九州から瀬
戸内海を通って大和平野へ入った豪族が、おそらく3世紀から4世紀にかけて、各地の先住豪族達をつぎつぎに服従させて
いく過程の中で、自分たちが奉じる神々を天津神、先住民の神々を国津神と区別していったのだろう。






昔も今も時の権力者の交代にはいろいろな歴史が塗り替えられる。
古代の神話の世界からも物語にして伝えられてるが、今の日本も欧米の侵入や文化の統合が見られる。
これを守ろうとした時代が世界大戦だろう。
日本の国譲りのときのように、天皇がアメリカに国をゆずり国民を守った。それこそ私財をなげうって。

同じことが今度は企業で行われるだろう。
スポンサーサイト

マネーハンター 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://huntersie.blog120.fc2.com/tb.php/242-f408f88c

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。