お買い物用

自分で買うためのメモです。

なんでも検索できるので便利アフィリもできるし

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネーハンター 

やべーよ

民主党政権が続けば日本が滅亡するのは、わかっている事、
わかっているけど行動しない!
日本人は、事なかれ主義で大人しすぎる、しかも、お人よし、
これじゃシナ朝鮮にすき放題にやられるのは必然!


マスコミの日本人コシヌケ化洗脳工作
シナ朝鮮人のように「一緒になって騒いだら大変な事になる日本も」
http://pds.exblog.jp/pds/1/200912/25/52/f0091252_21115248.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/200912/25/52/f0091252_2112343.jpg


既に、台湾は、国旗を掲げるだけで、警察にボコボコに殴られます。次は・・・
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9051113
http://www.youtube.com/watch?v=CIwi08VQpaM

中共に侵略された東トルキスタンでシナ人集団に襲撃されるウイグル人。次は・・・
http://www.youtube.com/watch?v=o3gvKIgZi5Q


もはや、保守政治家を応援しているだけじゃ、あまり期待できない
金もない、力もない、普通の日本人は、テレビ新聞も無視できない、行動する運動へ参加する事が、
もっとも社会に影響を与える事ができる!

行動する運動の最新情報は、よーめんブログがおすすめ
http://youmenipip.exblog.jp/


ネット弾圧もどんどん強化されている
我々に残された時間はけして長くはない!   



スポンサーサイト

マネーハンター 

奴らの策略

よく考えたら日本のFX規制するのや、総量規制って、個人が金持ちになるのを阻止しようと
してるってきがする。

世界大戦後の財閥解体も、似たようなもんか?

日本人は、国民みんなが兵士になったり、企業家になったり、外国から見ると 非常に奇異に見えるし怖いのかもしれない。


マネーハンター 

昔も今も

弥生時代を迎えるまでの日本人の心の中にあった「神」という概念は一体どのようなものであったのだろう。神道の元にな
ったと言われる「自然崇拝」(アニミズム)は、勿論その第一義に挙げられる。大自然や暗闇や、人知を越えた自然現象に
対して恐れおののき、やがてそれらを「神」として奉(たてま)った縄文人達の心象世界は、今でも世界の未開民族の間に
しばしば見られるところである。古来より我が国では、「神」は至るところに在り(汎神論)、山や川、木や草、風や雨、
自然現象のあらゆるものが「神の技(わざ)」とみなされ、やがて山岳は「神々」のおわす聖域ともなっていく。(今でも
例えば奈良の三輪神社は三輪山そのものがご神体である。)この考えは現代にも形を変えて生き残っている。修験道などは
その典型であろう。これは縄文或いはその前代からの、我が国における原初宗教のなごりなのだ。


我々は今、神社の中へ入る前に手を洗い口をすすぐ。これは「禊ぎ」(みそぎ)である。「魏」の使者が「倭」に来て葬式
を見ているが、その書き残した所によれば、「埋葬が終われば家の者は川へ行って禊ぎをする。」とある。我が国では古来
から、「けがれを清める」ことについてはえらく熱心であり、今でも葬式から帰ったら家の中に入る前に塩をかけられる。
精進料理は「魏志倭人伝」の頃からある。喪に服している者は肉を食べないとある。つまり、汚れや穢れを身につけた者は
本来の姿ではないのである。「死」を見取った者は汚れており、「肉食」は穢れなのだ。2000年前に、既にこういう概念が
存在している。言い換えれば、我々の心の中にこういう概念は2000年以上住み着いているのである。

一方で、「自然崇拝」以外にも「神」の概念は成立していったものと思われる。縄文時代の末期頃には権力者を「神」と崇
(あが)める制度・慣習・概念が既に成立していたのではないだろうか。 弥生時代に入ってからの渡来人およびその子孫
達を「天津神(あまつかみ)」として奉り、渡来人以外の、縄文から続く権力者達を「国津神(くにつかみ)」と崇めたの
ではないだろうか。我が国の文献に残る数々の神話は、この頃の様子を書き残したもののように私には思える。九州から瀬
戸内海を通って大和平野へ入った豪族が、おそらく3世紀から4世紀にかけて、各地の先住豪族達をつぎつぎに服従させて
いく過程の中で、自分たちが奉じる神々を天津神、先住民の神々を国津神と区別していったのだろう。






昔も今も時の権力者の交代にはいろいろな歴史が塗り替えられる。
古代の神話の世界からも物語にして伝えられてるが、今の日本も欧米の侵入や文化の統合が見られる。
これを守ろうとした時代が世界大戦だろう。
日本の国譲りのときのように、天皇がアメリカに国をゆずり国民を守った。それこそ私財をなげうって。

同じことが今度は企業で行われるだろう。

マネーハンター 

がんばれ日本

日本のIT業界はなぜダメになったのか
http://news.livedoor.com/article/detail/4525238/

周りを見れば、まさに死屍累々、という感じだ。なんの話かといえば、日本のIT業界である。
世界最先端と言われた「ケータイ」も、いまや日本のものは日本人の間でも「ガラケー
(ガラパゴス・ケータイ = 世界の流れから置いていかれたケータイ)」などと言われている。

パソコンやインターネットの世界を見ても日本にはMicrosoftもなければGoogleもない。
Googleのようにインターネットの仕事のみであそこまで大きくなった会社も1つもない。

世界から日本を眺めてみれば、この20年間、IT関連では日本で発明されて世界を席巻
した革新的技術は全くない。

日本のITは「ITゼネコン」に食い物にされている、とPJも感じる。加えて「新しいことはやら
なくていい。新しいものがやってきたら対応すればよい」という受け身の姿勢で、日本の
IT業界は「安全」を求め、自己の革新を怠ってきた、といってよい。

日清戦争、日露戦争などで軒並みの「勝利」を得た日本は、結局その先に自らの行く道を
見失い、努力も怠り組織も国も疲弊した。そこに世界不況の波がやってくると「それでも
日本は一番なのだから」と、自らの至らないところや悪いところは見ないようにして「保身」
のことしか考えないトップが増えた。

戦後、一度は経済での興隆をなんとか成し遂げた。しかし成し遂げた成功の体験から
抜け出せず、日本はふたたび安堵に満ちた「バカものの楽園」の中に今日に至ってもいる
のではにだろうか?。「自分が一番」というバカバカしい幻想はそれほどに日本人にとっては
心地よいものであったらしい

マネーハンター 

リニューアルマネーハンター

※ 現在このブロマガコンテンツの販売は停止されております。
他の販売設定されているコンテンツはお楽しみいただけます。
ブロマガ一覧はこちら
ブロマガって何?

マネーハンター 

コピペですが

2010年までに資本主義は爆発的に崩壊する。ラビバトラ・1943年生
本書は1994年10月初版発行です。16年前の経済予測の著作です。
出版社: 総合法令ISBN-10: 4893464035    1631円
http://www.horei.com/book_4-89346-403-5.html  ←購入先。今、必読の書。
宇宙意識は存在している。瞑想修行を通して啓示を受けたヒンドゥー教徒の経済学者。

・「1978年に私は一冊の本を書き・・・この本のなかで私は・・・2010年までには資本主義も終焉
すると明言したのです。」この本18ページ。
・「私は1978年に『資本主義と共産主義の崩壊』という書物を出版しています。この本のなかで私が予測した
核心部分は、『西暦2000年までに共産主義が、2010年までに資本主義が、相次いで崩壊するだろう』と
いうことでした。」この本60ページ。
・「資本主義の崩壊は1995年の大恐慌から始まる」この本60ページ。
・「資本主義が2010年までには崩壊するという予測について、その時期が早まることはあっても、 
それが起こらないことはありえないと、私は確信しているのです。」この本62ページ。

32年前の出版本の中で言い切るとはすごい。
また、「足るを知る清貧思想」の日本から光明がみえてくるかもしれないと、日本を称賛しています。


マネーハンター 

やっとはいれました。

黄金の金玉ブログさんと連携をとるために閉鎖してたブログを復活させました。

今の世の中は、ロスチャとロックふぇらに牛耳られてると思います。

ろすちゃは昔昔の王侯貴族の末裔かはたまた爬虫類人類か?

一方ロックフェラーは悪魔かサタンの一派なのか?


だいたいロスチャイルドって言葉、ロス=失う チャイルド=子供
てのもおかしな名前です。

おいらはこのひとたちは、子供がいらない生き物、永遠に生きられる生き物の末裔なんじゃないかと思います。

そういう意味では、菊池秀行さんの書いた「バンパイアハンターD」に出てくる「貴族」=「吸血鬼」のように思えます。

玉蔵さん、おいらが普段書いてるブログはこちらも見てください。http://ameblo.jp/yajiuma/

マネーハンター 

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。